犬猫ペットロス症候群

ペットロスとは

ペットロスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。「ペットロス症候群」や「ペットロスシンドローム」という言葉もよく耳にするようになってきましたね。犬や猫のペットを飼っている人ならば一度は聞いたことがあると思います。ペットロスとは単に飼っている犬や猫のペットを失うことだけを意味しているのではありません。最愛のペットを事故や病気で亡くした飼い主が大きなショックを受けて、精神的にも肉体的にも様々な症状を引き起こすことがよくありますが、一般的にはこのような状態を広く意味する言葉としてペットロスが使われています。

ペットロスとは、その言葉通りに解釈すれば、「ペットを失う」ということになりますが、実際にはもっと深い意味で使われています。長年飼っていたペットが病気や事故で亡くなった時に、ペットの飼い主がその死を現実のものとして受け入れることができず、精神的にも肉体的にも大きなダメージを受けてなかなか立ち直ることができない様子を広く指してペットロスという言葉が使われているわけです。

ペットロスは、犬や猫などの愛玩動物をペットに飼っている人であるならば、程度の差はあれ、いずれかは体験することになります。その言葉通りにとらえれば、「ペットを亡くす」ということですが、最愛のペットの死に際して、深い悲しみにとらわれ、精神的にも肉体的も様々な症状を引き起こす場合があります。ペットロスとはこのような症状も含めて、幅広い意味で使われている言葉です。

ペットロスという言葉は、日本では2000年代頃から注目を集めるようになリましたが、ペット産業の盛んなアメリカでは1990年代頃より精神疾患の契機として重要視されるようになったようです。ちなみに日本では、内田百閧フ『ノラや』(1957年)が、ペットロス症候群という言葉さえなかったころの、同症候群にかんする記述として注目されています。

ペットロス症候群の症状とは

ペットロス(ペットロス症候群)がもたらす代表的な精神的、肉体的症状としては、次のようなものがあげられます。精神的症状としては、孤独感、不安感、後悔や自責の念、肉体的症状としては食欲減退や過食などの摂食障害、胃痛やめまい、睡眠障害などです。

これらの症状は、単独で出る場合もありますが、次から次へと発症する場合もあり、飼い主の普段からのペットへの関わり方に大きく左右されるようです。

ペットロスにより引き起こされる様々な精神的、肉体的症状は単独で現れる場合もありますが、多くの場合は次々と複数の症状が表れる場合も多いようで、ペットロス症候群やペットロスシンドロームと呼ばれています。具体的な症状としては、先にも書いたように、孤独感や不安感、後悔や自責の念、睡眠障害や摂食障害(食欲不振・過食)極度の疲れ、胃痛などですが、うつ病の精神疾患に発展する場合もあります。

ペットロス症候群の例として、「もっと可愛がってあげればよかった」「病院へ早く連れて行けばよかった」などの後悔の念に強くとらわれることで精神的症状が現れ、肉体的症状にも現れてくる場合が多いようです。

ペットロス症候群の苦しみから抜け出すには

ペットロスの苦しみから抜け出すのは容易なことではありません。他人から見ればペットごときでなぜそこまで苦しむのかと疑問に感じる人も少なからずいると思いますが、この苦しみはペットと深く関わってきた本人にしかわからないでしょう。ペットロスの苦しみからなかなか抜け出すことができない場合、ペットロスの救済を目的とした団体(日本ペットロス協会など)がたくさんありますので、サイトで検索して相談してみてはいかがでしょうか。

最近では、ペットロスに苦しむ人が多い状況を受けて、ペットロス協会などの相談できる窓口がいくつかありますし、サイトには同じ悩みを持つ人たちが書き込んでいるペットロス掲示板もありますので、一度利用してみるのもいいのではないでしょうか。

ペットロスなって、深い悲しみから抜け出すことができない場合、一人ではどうしても解決できないものです。といって、周囲に相談してもペットロスを理解してもらうことは難しく、例えばペットロスを理由として会社を休むことになっても、「ペットごときでなぜ会社を休むの」と首をかしげられるようでは、かえって症状を悪化させます。やはりペットロス協会など、ペットロスを理解してサポートしてくれるところに相談するのが一番いいですね。

普段からペットの死を覚悟し向かい合うこと

ペットロス症候群にならないためには普段からいつか訪れるペットとの別れを覚悟しておく必要があります。ペットの寿命は人間よりも短いものです。例えば犬の場合、大体10年もすれば高齢犬ですね。ですからほとんどの場合、飼い主よりもペットのほうが先に亡くなるわけです。このことをしっかりと理解してペットを飼うことが大事です。ペットを良きパートナーとして幸せな日々を送るのはいいことですが、ペットに依存しすぎることなく、日常の生活を送ることも大事なのではないでしょうか。

また、ペットとの生活が日常生活の大部分を占めている状態では、ペットロスの症状を重くしてしまう可能性があります。ペットの寿命は人間よりも短く、いつかは別離を迎えなくてはなりません。ペットとの生活を楽しみながら、それ以外の生活の支えを持つことも大切です。いざというときにあわてることなく、冷静にペットの死に向かい合うことができるように、普段からの心構えが大切ではないでしょうか。

ペット(犬猫)用のお墓・仏壇でペットロス緩和

近年、人とペットの関係は、家族同様・人生のパートナーへと変化してきたといえるでしょう。ペットのためのグッズやサービスも多種多様になり、愛犬や愛猫のペットの死に対しても、火葬後の遺骨をペット共同墓地等に埋葬せず、自宅で手元供養する方が増えてきています。ペット用のお墓や仏壇も販売されているので、自宅でしっかりペットを供養したいという方は購入してみてはどうでしょう。ペットロスの症状の緩和にもつながることと思います。


ペット用のお墓・仏壇をお求めの方はこちら ⇒⇒⇒ 犬猫ペット用仏壇セット【Yahoo!ショッピング】